〜ビジネスのテクニック〜

ありがとう。

これからもよろしくね。

〜さんの求めるレベルに仕上げられなくてごめんね。

 

心からそう思っていればもちろん良いし、悩む必要もない。

しかし、実際にはそんな事は思っていないし、納得がいかないという怒りの感情や、明らかな相手の非を責め立てたくなる感情に支配される事がある。

そんな相手となんとかこの仕事を進めなくてはならない。

そんな時はこう思おう。

「これは感情の問題ではなくビジネスのテクニック。」

言葉を添えることで事態が動くならば喜んで添えてみよう。

心からそう思っていなくても、これはあくまでもビジネスのテクニック。