〜心と身体、We were here in spirit.〜

心と身体はつながっている。

身体に出る不調はその原因が自身の心にある事が多い。思い通りにいかないこと、どうしても気になってしまうこと、小さいけれどずっと続く心配事など、その原因を突き止めることは難しいかも知れないが、自分自身や周囲の人達を見ていても心の叫びが体調に現れて来ているなと感じる。

そして、もう一つ言えることは、自身がしんどい時、精神的にまいっている場合でも、体調が悪い場合でも、必ず誰かが心配してくれていて、よくなるように思ってくれているということ。

その時は忙しくて来てくれないかも知れない、電話をくれることもないかも知れない。しかし、自分が思っている以上に、家族や友人、自分に関わるいろんな人が実は想ってくれている。周囲は敏感にあなたの不調に気づいている。誰かの想いが、言葉になったり、何かのメッセージで届いてくる。渦中にいた時には気づかないが、心はともにいたと感じる瞬間が必ず来る。だから必ず支えられていると信じて良い。

We were here in spirit.