~京、香る季節~

心が喜ぶこと、いっぱい。

〜巻き込まれない技術〜

会社で働いていると二つのタイプの人間がいる事に気づく。

それはいつも巻き込まれている人と、巻き込まれない人。

厄介な事に巻き込まれる、無駄な人間関係に巻き込まれる、不要な仕事を振られ巻き込まれるetc.

巻き込まれている人は、巻き込まれる必要がないのに自ら巻き込まれに行っている人と、キャラ的に巻き込まれるタイプの人がいる。そして、多くは自ら巻き込まれに行っており、残りもキャラ的に巻き込まれ続け、そのうち結局、自ら巻き込まれに行くというパターンのようである。

巻き込まれている人はなんだかいつも大変そうで遅くまで仕事をし、巻き込まれない人は淡々と仕事をし早めに帰宅する傾向がある。

巻き込まれないために必要な技術は以下4つ。

(1)人と比べない。これにより他人との差異による不安がなくなる。不安は時に無駄な行動につながる。

(2)線を引く。他人の仕事と自身の仕事に線を引く。助けを求められたら全力で助けるが、助けを求められている範囲とどちらが主体かはいつも念頭に置いておく。親切心でやっていたとしても、時に干渉となりお互いにとって不幸な結果につながる。

(3)多くの人に意見を求めない。みんないろいろ言う。

(4)楽しそうに仕事をする。楽しい話ばかりする。とりあえず、巻き込まれている人のネガティブオーラをポジティブパワーで跳ね返す。私はこんなに大変なのにと嫌われるか、そういう視点もあるんだとポジティブに救ってあげられるかのどちらかである。